ネイルに関するコラム

ネイルの勉強に使う道具一覧(写真付き)

このページでは、私がネイルのお勉強に使っている道具を写真付きで載せておきます。



↑ いつも練習するときの基本なセットです。
右側のトレーにはポリッシュ・ウエットステリライザー・バッファー・エメリーボード・リムーバー
などなど基本的な道具が入っています。


このトレーの中はいつも清潔にしてあるように心がけ整頓しています。
左側のトレーにはネイルブラシやドライタオル・ガーゼなど置きます。


基本的に机の上に直接道具を置くことはありません。
衛生面もしっかり考えながら練習していまーす。





↑ 通称!!ハンド君!!!
こいつは私の相棒です(笑)


いやいや笑い事ではなく練習には必ず必要でハンド君のおかげでかなり助かってます。
指先にネイルチップを貼ってファイルやアートの練習したりいろんな場面で活躍してくれます。


指は自由自在に曲がってくれるので結構リアルにできています。
練習モデルさんがいるにこしたことはありませんが毎日ってわけにもいきませんよね。


このハンド君ならいつでも練習相手してくれますよー!!
ネイリストを目指す人の強い味方です。





↑ この道具はニッパーとメタルプッシャーです。
これはケアのときに使用します。


まず下のメタルプッシャーですがこれはルースキューティクルを押し上げるときに使います。
ルースキューティクルとはポリッシュやジェルを塗るときに邪魔な角質のようなもので、
このルースキューティクルが付いているとネイルがキレイに見えなかったりもちが悪くなったりします。


なのでケアのときにきれいに除去していきます。
このケアはどのネイルをするときにでもすることなので頻繁に使用します。


次に上のニッパーですが、ニッパーはメタルプッシャーで押し上げたルースキューティクルを
カットするときに使用します。
ある程度メタルプッシャーで押し上げたときに除去できるルースキューティクルもありますが、
ガッツリついているルースキューティクルはニッパーでカットしないととりきれません。


刃先が尖っているので使用するときには皮膚など傷つけないように注意が必要です。
あと取り扱いにも注意することがあって、刃先が欠けたり、折れたりするとダメなので、
テーブルなどに置くときには刃先が上に向いているようにしてできるがけ接触しないように
心がけています。





↑ これはバッファーとエメリーボードです。
爪にファイルをかけるときに使用します。


一番したのやつがエメリーボードでナチュラルネイルのファイリングに最も適しています。
エメリーボードにはグリットという数字が記載されているのですが、この数字が小さいほどめが粗く
数字が大きいほど細かいです。


自爪をファイリングするときに使用するのは150Gから220Gくらいが一般的です。
新しく使うファイルは必ず面取りをします。


この面取り」をしないと皮膚を傷つけてしまう恐れがあるからです。
上の3つがバッファーで爪の表面を滑らかにしてつやつやにすることができます。
このバッファーをするとトップコートを塗ったみたいにつやつやになります。





↑ これは薄め液です。
この薄め液というのはポリッシュが固まってしまったりした時にポリッシュの中に入れて使用します。
どうしてもポリッシュの中に含まれる成分の酢酸エチル、酢酸ブチル、イソプロパノールなどが
蒸発するとポリッシュが固まってきれいにネイルカラーができにくくなってしまいます。


薄め液の中には酢酸エチル、酢酸ブチル、イソプロパノール等が含まれているので
固まったポリッシュに入れるとサラサラになりポリッシュがまた使いやすくなります。


薄め液をいれたポリッシュをすぐに使用する場合は先端部分を逆さにして両手で挟んで
コロコロ転がす感じに混ぜるとすぐに使用できます。
力強く振ったり上下に振ったりするとバブルが入るのですぐに使用する場合には
オススメできません。





↑ これはカラーポリッシュです。一般的にはマニュキアって言われていますよね。
マニュキアは多くの人が使用したことがあるんじゃないでしょうか?


どれも同じだと思いがちですが色によって多少違ってきます。
赤のポリッシュですが、赤は結構サラサラしていて乾くのに時間が多少かかるので
修正しやすいカラーだと思います。


しかしはっきりとした色なので皮膚などにはみ出てついてしまった場合目立つので
キレイに仕上げるには結構難しいです。
検定では赤が基本的なカラーなので何度も何度も練習しています。


白のポリッシュは粘性が強く素早く仕上げないと表面がボコボコになってしまいます。
初心者人だと少し難しと感じるカラーかもしれません。


パール系のポリッシュはハケ跡が残りやすいので少しハケをねかせて塗るとキレイに仕上がります。
シアー(ベージュ系)は発色が薄く透明感があるので色ムラになりやすいです。
厚塗りになりやすいですが塗布量を均一にして手早くするように心がけましょう。





↑ これは消毒液です。
手指消毒はとっても大切なことでケアする前には必ずこの手指消毒は行います。


手指消毒に使用する消毒液はエタノールが一般的で濃度は76.9%から81.4%です。
衛生的にネイルケアするためには欠かせないことなので消毒液は必ず持ち歩いてます。





↑ これはネイルチップに私が描いたアートです。
近々控えた検定の課題で花の練習をしています。


審査基準でもあるバランス・クオリティーの高さなどを心掛けて練習しています。
小面積にアートするので最初は手が震えてうまく描けませんでしたが今では結構上達して
検定で合格ラインまでもっていけるようになりました。


花びらや葉っぱの線や、花粉の部分なんかを書くときは息も止めてアートしています。(笑)
練習すればきっとみんなもアートできるようになるとおもいますよー。


>>次のページ ネイル用品専門店に行ってきたーーー。



厚生年金